育児

間違った褒め方してない?子供を正しく褒める方法

更新日:

「褒めて伸ばす」という方法は子育てにいい方法としてよく言われてはいますが、実は間違った褒め方をしているために、それが逆効果になっているかも知れないとしたら。

この「「やればできる!」の研究―能力を開花させるマインドセットの力」を読んで、子供の褒め方について、今までとはまた違った観点で書かれていて、目からうころの情報がありましたので紹介したいと思います。良かれと思って子供の自尊心を育んでいたつもりが、逆に子供の間違った固定観念を育んでいた、なんてことがないようにしたいです。

もちろん子育てのみならず、自分自身の考え方を改めるためにも非常にためになる内容になっていますので気になる方はぜひ読んでみてください。

「やればできる!」の研究―能力を開花させるマインドセットの力

著者:キャロル S.ドゥエック
出版日:2008/10/27
評価:

スポンサーリンク

2つのマインドセット

まずこの本の概要として、2つのマインドセット(心のあり方)をもとに、それぞれの考え方の特徴を実例と研究を元に紹介しています。

簡単に説明しますと、固定観念にとらわれて、自らの成長を抑制してしまいやすい傾向にある「こちこちマインドセット」と、自分の可能性を決めつけずに困難な道と思われる事にも積極的にチャレンジしていく「しなやかマインドセット」。対子供、対パートナー、対友人、教師と生徒。それぞれのマインドセットがそれぞれの状況に対してどのような考え方で解決を図ろうとするか。

基本的にはこちこちマインドセットの人は、相性は出会う前から決まっていて、変化のないものと思っているため、相手との関係は改善にしないものと考えています。夢や目標についても、生まれつきの才能により決まっていると思っているため、困難があると避けがちになり、チャンレンジすることに対して臆病な傾向にあります。失敗を怖がるため、努力して自分を成長させるよりも、自分ができる範囲のことを完璧にこなすことが重要だと思っている。

一方しなやかマインドセットの人は、困難と思われることでも、チャレンジする前から諦めることはせずに、例え失敗したとしても失敗と向き合い改善していく。そうすることが目標に近づける最短の道だということをわかっています。対人関係においても、自分に非があればそれを認め改善しようと努めます。

褒め方によるそれぞれの受け取り方

記事冒頭で褒め方により、間違った固定観念が育まれてしまうということを言いましたが、もちろん子供の頃からこのどちらかのマインドセットを持ち合わせいるわけではありません。育つ環境により徐々にこれが形成されていくわけですが、褒め方によってもそれに影響します。

間違った褒め方

端的にいうと「結果を褒める」ことが間違った褒め方になるようです。どういうことかというと、テストの点数や、学校からの評価や成績、発表会などでの結果などを褒めることをいいます。というか一般的に「褒める」というと、この方法で褒めることが一番に思い浮かぶとおもいます。これが間違っているとはどういうことなのでしょうか。

結果を褒めるとどうなる?

結果を褒める、ということは裏を返せば結果が出ないと褒められない事になります。そうなると、子供は結果が大事で、それを喜んでくれているのだと感じるようになります。すると、結果が出るか出ないかわからない事(自分の能力を超えるもの)は避けるようになり、結果が出るとわかっているもの(自分の能力の範囲内のもの)に注力するようになります。

天才と自分との差は才能が全てで、目標についても、「自分にその能力がない」と感じると、はじめから諦めてしまいます。失敗を恐れるため、時間をかけて成長する、失敗を改善し成長していく、という選択肢が最初からないため、成長しないのは自分のせいではなく、単にその才能がないだけで、自分には何も非がないことを自分に言い聞かせようとします。

努力した過程を褒める

ではいい褒め方とは何でしょうか。それは、チャレンジしたこと、努力した過程を褒めることです。テストの点数ではなく、そのテストにチャレンジしようとした姿勢、テスト勉強に費やした時間、困難を解決しようと工夫したことを褒めるようにします。

すると、努力すること自体が喜んでくれることだと思うようになります。結果にこだわらなくなるので、難しい事にチャレンジする事にも尻込みしなくなり、失敗に対してもネガティブなイメージを持たずに、どう改善すればいいかを真っ先に考えるようになります。

天才と自分との差は才能もあるが、費やした時間が一番であることがわかっているため、一見無理だ思われることでも、やる前から諦めることはなく、才能など自分ではどうしようもないもののせいにしなくなります。

スポンサーリンク

どのように「しなやかマインドセット」を育んでいくか

今日は何にチャレンジして、何を努力したのかを子供と話すようにしてみます。何においてもまずは自分から実践してみせましょう。子供は親の真似をするのでまずは自分からどのような事にチャレンジしたのかを話して聞かせます。

すると次第に子供も真似をするようになり、意識的に新しいことにチャレンジしていくようになります。

子供と一緒に成長する

「親と子供」という立場から、子供に教えてあげなければならないのは確かにそのとおりなのですが、自分の考えが完璧で、それを子供に教えている、という姿勢でいるとそれが子供にも伝わり、凝り固まった固定観念が育まれます。

人間はいつまでも成長し変化するものだということを自覚した上で、子供とともに成長しているのだと言うことをしっかりと認識しましょう。

自分を成長させるには

具体的には以下のステップに沿って実践してみましょう。

  1. 「今日は自分にとって、周囲の人達にとってどんな学習と成長のチャンスがあるだろうか」と考える
  2. チャンスを見つけたらそれを実行する計画を立てて、「いつ、どこで、どのように実行するか」を考える
  3. その計画が障害に突き当たり、失敗したら、計画を立て直して「いつ、どこで、どのように新たな計画を実行しようか」を考える
  4. 計画がうまく言ったら、「逆戻りせずに進歩を続けていくためにはどんなことをする必要があるか」を考える

叱るときは?

褒めるときはわかったけど、叱る時の注意点とはなにがあるのでしょうか。こちらも端的に説明すると「子供の能力や性格を対象にしないこと」。例えば、「お前は〇〇だから」「注意力がたりない」「そういうところあるよね」などは以下のように言い換えます。

「どこかわからないところがあるの?」「こんなにいい加減にしてしまうなんてがっかりだよ」など。褒めるときも同様ですが、「子供の資質を評価」するのではなく「子供の成長ぶりに関心があること」が伝わるような言い方に言い換えてみましょう。

勉強嫌いのわが子に伝えたいこと

自分ができることを完璧にこなることよりも、出来ないことに挑戦していくことのほうがはるかに価値があることで楽しいことだと自分ではわかっているけど、それがわかっているのはこの年齢になっていろいろな経験を経たから形成された価値感であり、それを子供にわかるように伝えるためにはなかなか難しいものがありますよね。

本当の勉強とはわからなかったことがわかるようになることで、それがわかった瞬間が一番勉強が楽しいと思える瞬間だと思っています。すでにわかっていることだけを淡々とこなして安心しているだけなんて人生つまんないように思う。

困難に突き当たることがいいとは言えないかもしれないけどそれがあるから人生にハリがでるし(やってやろう!と思う)変化がない人生は退屈すぎる。上であげたことを実践して変化を見ていきたいと思います。私にとっては子供の勉強嫌いが「困難」であり、それを一緒に克服することが人生において「楽しい」と思える瞬間なのだとおもうと、やってやろう!とワクワクする事です。

この本で私が得た知識が少しでも同じ悩みを抱える親世代の方に役立てていただければ幸いです。

「やればできる!」の研究―能力を開花させるマインドセットの力

著者:キャロル S.ドゥエック
出版日:2008/10/27
評価:

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-育児

Copyright© 諸行無常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.