キッチンカー 仕事

キッチンカー(移動販売)季節による売上の変動は想像以上・・・

更新日:

突然ですが「失敗ノート」というものをご存知でしょうか。

失敗ノートとは、世界的な投資家のウォーレン・バフェットの右腕ともいえるチャーリー・マンガーが実践しているノートで、客観的に見ることのできる他人の失敗やしくじったニュースが書き留めたもの。

このノートの目的は、失敗からできるかぎり離れること

成功の要因はあまりにも多く、真似することが難しいですが、先人の失敗したポイントを知ることで、それを事前に避けることができる。

同じ轍(てつ)は踏まない

キッチンカー運営に関する記事は数多く見かけますが、本当のリスクに対して言及しているものは少ないように思います。自分がその業界に身を置いていたら、「どれだけ辛いか」よりも「これだけ頑張っている」「これだけの成果が上がった」といったプラスの面だけを発信したいのは当たり前です。

つらい思いをしているのは本人が一番わかっていることで、それをわざわざ不特定多数に発信しても自分が惨めになるだけですし、人間は見栄をはりたい生き物なのである意味当然のこと。

それよりも、ただ伝聞だけの情報で、自分は一切経験をしたこともないのに「夢のある業界」だと、いい面だけしか説明しない(知らない)コンサルタントまがいの方もいるようですが、口で言うのは簡単ですが「それ自分でやったことあるの?」と、一度聞いてみたいです。

私は、約2年という短い期間ではありますが、キッチンカー運営をした経験があります。その経験のなかで実際に肌で感じたリスクをありのままにお伝えし、これから移動販売業界で起業を志す方の失敗ノートとして役立てていただければと思っております。

成功する方法は無数にありますし、もし知っていたとしても、失敗するリスクを把握していなければ思わぬところで躓く可能性も十分にあります。ですが、失敗するリスクを知っていれば、より長く事業を継続していける可能性が上がります。

リスクをいくつかのカテゴリーに分けて、それぞれにまとめてみました。本記事では、キッチンカーならではのリスク「季節」について考えてみたいと思います。私の失敗が少しでも、同じ夢を志す方の役に立ちますように。

スポンサーリンク


夏は落ち込む。冬は更に落ち込む

まだ起業したての1年目。閑散期の乗り切り方を知らなかった頃、出店場所の主催者の方に「冬は厳しいよ~、大丈夫?」と何度も聞かれた記憶があります。

確かに夏は厳しかったけど、冬も基本的には夏と一緒で3分の2か最悪半分くらいで見積もっておけば大丈夫だろうと思っていました。ですが実際冬を迎えてみるとそれを更に上回る落ち込みだったので、結果ものすごく苦労することになりました。

キッチンカーの繁忙期と閑散期は、説明しなくてももうおわかりだと思います。繁忙期は春と秋、閑散期は夏、最も厳しい時期は冬になります。

お客さんは、基本的にキッチンカーでの買い物は屋外になります。人気店だと並ぶだけでも2~30分。出店場所によっては座席を用意していたり、近くにベンチなどがあったりと、そのまま外で食事できるところも少なくないです。

並ぶ時間プラス、そのまま外で食事をするとなると昼休み休憩の間、1時間弱外にいる事になります。長時間外にいるとなると、やはりちょうどいい気候でないと外には出たくないでしょう。気温もそうですが、雨や雪なんか降った日には絶望的です。更には風が強い日。「風くらいで?」と思うでしょうが以外にも雨の日並に客足は落ち込んでしまいます。

自分が外で食べることを考えると想像つきやすいと思いますが、強風で持ち物が飛ばないように気を使いながら食事をするのはなかなかのストレスです。

と、このように一年を通して天気にも左右されやすいですが、ここでは特に季節による売上の変動について深掘りしていきます。

繁忙期の半分~3分の1

では具体的に売上がどの程度変動するかというと、繁忙期に比べると、夏場が大体3分の2から半分、冬場はそれ以下になることもあります。

例をあげると、一人での営業で週5~6日出店した場合、一日3万×26日だとして月に78万。大体こんなもんが平均的な売上です。一人で月に100万売れれば繁盛店といっていいと思います。(ベテランはもっと売りますが起業したてなら78万も厳しい数字です)

これの3分の2だと52万。半分で39万。これは月商なのでここから経費を引くと(ここでは大体60%が経費だとして)手元に残るのは15万~20万程度になります。

夏と冬なので合わせて6ヶ月程、年の半分がこの程度の収益になることが予想出来ます。かなり厳しい数字ですね。実際は出店場所がなくてそもそも売れる機会がない人もいます。(出店場所のリスクに関してはまた別の記事でまとめます)

「いやいやもっと売れるよ!」「お前のやり方が悪いんだろ!」という方もいると思います。確かに閑散期でも売上を落とさずに営業できている方もいることは事実です。ですが、はっきりいって少数です。この数字は私の経験に基づいていますが、全てのキッチンカー運営者に聞いて回ったわけではありません。ですが、かなりいいとこついていると思います。

例えば一つの現場に一日に5台のキッチンカーが出店していたとして、安定して売れるお店はそのうちの2台程。半分以下です。この業界に限らず、人が羨むような情報ほど拡散されますので、ネガティブな情報はなかなか目にすることは少ないですが「現実はそんな甘くない」ことなんて簡単に想像つくと思います。

売り上げ減と同じく深刻な事

「今日は売るぞ!」と意気込んで沢山用意した食材が、終わってみたら半分以上売れ残り。仕込みに要した時間と食材が毎日無駄になるところを目の当たりにしていると精神的にやられてきます。

次第に「どうせ今日も売れないだろうから」と、準備の量もいつもの半分。現場に着いても張りが出ずだらだらと営業をして、また残ったものを持ち帰る。これが3ヶ月もつづくとさすがにモチベーションがもたなくなります。

季節による売上の減少もかなり厳しいですが、むしろこっちの方が深刻かもしれません。

モチベーションが維持できていれば、まだ色々と対策を立てて行動に移していけますが、こうなってしまうと負のループにハマり抜け出せなくなります。

閑散期の対策

夏場の対策

冬より夏のほうがまだマシな理由は、やはり日によっては外で気持ちよく食事できる日があること。夜の涼しい時間帯に行われるイベントや、音楽フェスなどの屋外イベントが行われる時期であることがあげられます。

夏時期はこういったイベント出店なども検討して積極的にいろんなところへ出向いて、アクションを起こしていけば段々とイベントの特徴などもつかめるようになってきます。このようなイベントと、平日ランチの出店はかなり毛色が違うので一年目から色々とチャレンジしてみることをおすすめします。

キッチンカー(移動販売)1日で100万稼ぐ!イベント出店のリスクとリターン

突然ですが「失敗ノート」というものをご存知でしょうか。 失敗ノートとは、世界的な投資家のウォーレン・バフェットの右腕ともいえるチャーリー・マンガーが実践しているノートで、客観的に見ることのできる他人の ...

続きを見る

それから提供するメニューも夏に喜ばれるものを取り入れていくと良いと思います。かといって、すごいこだわりのある洋食を出していたのに急に「かき氷はじめました」は違和感満載なので、お店のカラーは崩さないようにうまくメニューに取り入れられればベストです。

冬場の対策

私が現場で知り合った先輩方から聞いた話では、冬時期などの閑散期はケータリングの案件をもらって売上を立てているようです。例えば、ドラマの撮影や、ライブなどで演者に振る舞うお弁当をある程度まとまった数の注文を受けたりなど。

ちなみに私はこういったケータリングの案件については、話をされた事はありますが実際に受注したことはありません。大体が同じキッチンカー仲間で、仲良くなった方から話をいただくか、イベント出店時にお客さんから「今ケータリングカー探してるんですけど」と声をかけられたりします。

このように安定して声をかけられるところがいくつかあると、閑散期でも売上減のリスクをかなり抑えられるようになります。

仕込み場所を活用

自治体によっては、キッチンカー営業許可申請に、仕込み場所を用意しなければならないところがありますが、この仕込み場所の営業許可を取得する際に、店頭でお弁当を販売できる許可も一緒にとっておくことをおすすめします。詳しくは自治体によって異なりますが、お弁当販売の許可と仕込み場所の許可の条件はほとんど変わりません。

閑散期には、仕込み場所でお弁当を販売するようにすれば近所の方が買いに来れます。オフィスなどでは食べるところがありませんが、地元の近所の方はまず家に持ち帰って食べるでしょうから、通常の出店より、気温によるリスクを抑えることができるようになります。

ですが、これをやる場合は、不定期で営業しているお店にはお客さんは付きづらいので、繁忙期でも定期的に店舗での販売も行なっていないと厳しいと思います。家族経営の場合は奥さんに店舗の方を任せる、アルバイトを雇う、などして対応していくと良いと思います。

週2回の営業でも、店頭を通りかかった近所の方には「営業している」という印象を持ってもらえると思います。

繁忙期に出来る限り稼ぐ

一年目は難しいと思いますが、繁忙期にできるだけ出店を増やし、できるだけ稼いでおくと、閑散期に売上が落ち込んでも、余裕を持って対処できるようになります。もし可能なら思い切って出店を減らし、休んでしまうのもいいと思います。

何をやっても売れない時もありますので、あまり深く考えずに割り切ってしまえばストレスも抑えられ、モチベーションの低下も防ぐことが出来ます。

キッチンカーは副業としては最高!?

これは私がキッチンカー業界で起業~廃業を経た今だから感じることかもしれませんが、移動販売業は、朝も早く、営業後は車の掃除と次の日の買い出し、仕込みで夜遅くまで、冬は寒いし、夏の車内は灼熱地獄。出店しないことには売上が立たないので自然と出店日数を増やしセルフブラックにもなりやすいです。

本業でやるにはかなりコスパの悪い業界ですが、週1~2回で副業として起業するなら、維持費は低いし、本業で生活が支えられている安心感から、週1回のキッチンカー営業にも真剣に取り組めるのではないかと思います。生活に余裕があると、視野が広がり新たなアイデアと行動力にも繋がります。

それに料理自体もすごく奥が深い世界ですし、直接お客さんと触れ合って仕事ができるのは何よりのやりがいになります。

キッチンカー業界は夢のある業界ですが、苦労とストレスがそれを上回ってしまえば何も意味がありませんしね。

まとめ

以上、キッチンカー業界での起業、運営のリスクを「季節」というテーマに絞って見ていきました。

屋外での商売ならではのリスクをきちんと把握しておけば、それを回避する対策を立てられるようになります。私の経験を糧に一人でも多くの方が起業の夢を果たせますように。ありがとうございました。

キッチンカー(移動販売)引退したからこそ教える、出店場所を確保する方法

突然ですが「失敗ノート」というものをご存知でしょうか。 失敗ノートとは、世界的な投資家のウォーレン・バフェットの右腕ともいえるチャーリー・マンガーが実践しているノートで、客観的に見ることのできる他人の ...

続きを見る

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-キッチンカー, 仕事

Copyright© 諸行無常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.